読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ下り坂日記

人生後半の日々の生活メモ

電力自由化で確実な節約!

ここしばらく、電力自由化について色々調べていたのですが、やっと本命を見つけました。

電力自由化ってめんどくさそう。。。

だいたいこの手のものって、

  1. 理解するのが面倒
  2. 選ぶのが面倒
  3. 申し込みが面倒

な割には、実際の節約効果は雀の涙、、、なんじゃないの?と思いがちです。

でも、一回だけ、それもちょっとの手間をかけただけで、以後毎年数千円節約できるとしたら、、、やってもいいかなと思いませんか?

そもそも「電力自由化」って何?

という方は、「エネチェンジ」が参考になります。

f:id:bearcub:20170222225051j:plain

簡単に言うと、2016年4月から始まった制度で、いろんな企業が既存の送電網に相乗りして、電気を送ってくれるようになったそうです。

料金プランは非常に多彩で、単純に安くなるものから、付帯する別サービスとの合わせ技でお得にするなどもあります。

例えば、ソフトバンクでんきなどは、携帯やネットの料金と合わせることで、非常に価格を下げることができますし、さらにTポイントも付くという至れり尽くせりのようです。(自分もソフトバンクの電話を使っていればこれにしようと思ったのですが。。。)

電気料金を比較する際に注意すること

エネチェンジ」などの比較サイトには、便利な電気料金シミュレーションがあるのですが、一つだけ注意することがあります。

それは、「燃料費調整」です。

いつもの電気料金の明細には、「燃料費調整」という項目が小さく記載されています。

これは、その時々の燃料の価格によって割り引いたり、割り増したりする料金です。

f:id:bearcub:20170222215312j:plain

この項目だけは、その時にならないと読めない価格ですので、いろいろな電気料金シミュレーションサービスや例に挙げられている価格表では考慮されていない場合もあります。

そのため、料金比較をする際は、シミュレーションで表示された価格だけではなく、直近の実際の料金のお知らせも見ながら判断してください。

申し込みはこれだけに注意

電力を申し込む際には、既存の電力会社での「お客様番号」と、「地点番号」が必要です。

これらは、毎月の「電気ご使用量のお知らせ」に記載されていますので、もし捨ててしまった方は、次の月まで待ちましょう。

自分が実際に申し込んだ電力会社

自分は色々比較した結果、エルピオでんきにしました。

f:id:bearcub:20170222220601j:plain

こちらは、広告費用などを極力下げることで、料金も極力下げるという硬派なサービスで、とりたてて他のサービスとの合わせ技を望まない自分にとっては最適だと感じました。

概算で年間7000円ほど節約できそうです。