読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ下り坂日記

人生後半の日々の生活メモ

節約と積み立て貯金の組み合わせ

固定費削減は貯金の王道ですが、最近はそれを積み立て貯金と組み合わせるのが気に入っています。

なんとなく消えていくお金 

月々の固定費を削減できても、その削減分をそのまま放っておくと、なんとなく毎月消えていくのがお金というものです。

節約しても貯金が増えない

節約分を即積み立て設定!

そこで、僕の場合は、削減した分を正確に毎月の自動積み立て貯金の額に即座に上乗せして設定することで、飛躍的に貯金を増やしていくことができました。

 

節約して貯金を増やす

例えば、auソフトバンクからSIMフリー携帯に変更すると、毎月5000円ほど節約することができますが、それをそのまま放っておくのではなく、SIMフリーに変更した月から、積み立て貯金を5000円増やします。

 

そうすると、これまでと生活レベルを一切変えることなく、貯金額をアップできます。

固定費以外にも応用できる

この方法のもう一つのいい点は、細かい節約も確実に貯金に回せることです。

 

例えば、僕は毎日会社で昼休みにカップのヨーグルトを食べているのですが、それが毎日120円ほどかかっていました。

1月あたり計算すると、120円 × 22日 = 2640円です。

 これを、スーパーで450g入りのヨーグルトを買って、小分けに容器に入れて家から持参すれば、3日分をまかなえることがわかりました。

これによる節約は1月あたり1700円ほどになります。

(しかもこれによって砂糖の入っていないヨーグルトに変更できました!)

 

そして大事なこととして、この1700円を毎月の積立額に上乗せしました。

 

なにげに、この「固定費以外」というのは、ちょっと考えると、いろんな節約ネタが見つかるものです。

  • スマホのアプリで最近使っていない月額制のアプリ
  • 毎日食べてるお菓子やペットボトル飲料

などが狙い目です。

 

生活レベルを落とさず、楽に貯金を増やしていきましょう!